会社案内 | 沿革

2016(平成28年) 日本コンベヤ(株)を割当先とする第三者割当増資実施、
資本金が14億1,405万円となる。
2014(平成26年) 子会社(株)東京製粉機製作所を吸収合併。
2014(平成26年) TCSホールディングス(株)と資本業務提携契約を締結。
2013(平成25年) 子会社ラップマスターエスエフティ(株)が、破産手続の開始決定がなされて子会社でなくなる。
2013(平成25年) 子会社(株)明治企画清算。
2013(平成25年) 明治ホールディングス(株)が保有する当社株式売却により、当社との資本と経営の提携が解消。
2011(平成23年) 関連会社 シンヨー(株)は 同社の株式の売却により
関連会社でなくなる
2011(平成23年) 子会社 ラップマスターエスエフティ(株)の
半導体製造装置関連事業を事業譲渡。
2010(平成22年) 子会社 シンヨー(株)は 同社への株式譲渡により
関連会社となる
2010(平成22年) 子会社 内外マシーナリー(株)を吸収合併
2008(平成20年) 株式取得により、(株)東京製粉機製作所を
子会社とする
2006(平成18年) 子会社 シンヨー・サンワテクノス㈱は、シンヨー㈱へ
商号変更
2005(平成17年) 中国現地法人子会社明治機械(徳州)有限公司設立
2004(平成16年) 株式取得により、ラップマスターエスエフティ㈱を
子会社とする
2003(平成15年) 中国での多面的事業開始
2002(平成14年) ISO9001認証取得
2001(平成13年) 浜井産業(株)と業務提携
2000(平成12年) セミコン事業部創設
半導体製造装置の事業開始
1996(平成8年) 本社を現所在地に移転(自社ビル)
1995(平成7年) 関係会社 シンヨー・サンワテクノス株式会社
事業開始
1993(平成5年) 第三者割当増資実施、資本金19億3,805万円となる
1990(平成2年) ロシア(モスクワ)年間5,000t養魚プラント
1987(昭和62年) 中国(大連日清製油)製油製造向諸機械
1985(昭和60年) 中国(無錫)二重遠心鋳造技術
1984(昭和59年) 韓国(NLCF)1日300t配合飼料プラント
(安東、横城)
1984(昭和59年) 直系株式会社メイキを設立
1982(昭和57年) 韓国(NLCF)1日300t配合飼料プラント
(羅州、清州)
1981(昭和56年) 九州出張所開設
1980(昭和55年) 旧ソ連邦(タシケント)年間37,000t養魚飼料プラント
1980(昭和55年) 大阪営業所開設
1964(昭和39年) パキスタン(カラチ)時間7t製粉プラント
1961(昭和36年) 二重遠心鋳造チルドロールを開発
1960(昭和35年) 本社を東京都中央区京橋2-3-13に移転 
本格的配合飼料プラントを製作納入
1957(昭和32年) ニューマ方式の製粉プラント初国産化
1949(昭和24年) 東京証券取引所再開に当社株式を上場
1948(昭和23年) 社名を明治機械株式会社と改称
1943(昭和18年) 社名を山越機械株式会社と改称 
足利工場操業開始
1938(昭和13年) 明治製糖株式会社の資本と経営の参加をうる
1925(大正14年) 株式会社山越工場と改組
1914(大正3年) 中国大陸各地に製粉プラント輸出開始
1905(明治38年) 我国最初の国産ロール式製粉プラントを製作納入
1899(明治32年) 山越秀太郎個人経営の山越工場を東京市
本芝3丁目8番地に創立
会社情報
ごあいさつ
企業理念
会社案内

ページ上部へ戻る