IoTへの取り組み

グループ企業共同での研究開発を推進

明治機械では、飼料プラントの運営をIoTや人工知能の技術を使い最適な解決策を見出していこうとする技術をグループ企業と共同開発しております。いままでベテラン社員の経験や勘に任せられていた判断事項を、データ収集とデータ分析によって評価することが可能となり、人材不足の問題解決、予知保全におけるコスト削減などに貢献致します。また今後はさまざまな分野への応用が期待されています。

研究開発事例

 【データ収集】機械にとりつけられた各種センサーデータを瞬時に
 クラウド上で取得・管理します。

 ・温度

 ・加速度

 ・振動

 ・消費電力

 【データ解析】AIを活用し異常値の検出を行います。

 【運用】遠隔監視によるプラントの稼働状況把握が可能となります。

 ・設備の異常検出

 ・部品交換時期予測

 ・中長期運転パターン分析

メディア紹介実績

放送大学 2020/10/12(月) 22:30 BS231
筑波大学 吉田 健一教授
キャリアアップ講座 データサイエンス基礎から応用
第6回 社会におけるデータAIの利活用 ~データマイニングの諸課題~
にてIoT予知保全技術の実際の取り組み例として紹介されました。
https://bangumi.ouj.ac.jp/bslife/detail/01A69006.html

事業紹介
Core Technology
Plant Engineering
Production
Products Lineup
Solar Business
Quality Control
Trial Machine
Trial Machine

製品・プラントに関するお問い合わせ

太陽光事業に関するお問い合わせ

ページ上部へ戻る